予防への想い

衛生士募集

キービジュアル

-皆様に知って頂きたい「当院の考え」-

医療の本来の目的は「悪くなったところを治療する」ことではありません。
もちろん、痛みを取り除き回復させる「治療」も医療ですが、
それはあくまで最終手段

医療の本来の目的は「悪くならないように、健康な状態を維持させる」こと。
当院は「健口創造型歯科医院」として、
お口のトラブル「ゼロ」の世界を創造します。

お口のトラブルを繰り返す「日本の歯科医療」にメスを

院長

虫歯治療や歯周病治療を行い、数年後に、再治療される方は多いかと思います。
これはどうしてだと思いますか?

結論から申しますと一般的に行われている歯科治療は「対症療法に頼り切った歯科医療」であるためです。
「対症療法に頼り切った歯科医療」についてお話しする前に、まず、そもそも「対症療法」とはなにか?をご説明させて頂こうと思います。

「対症療法」とは、病気になった場合、病気そのものを「治す」ことを目的とするのではなく、今起こっている症状を一時的に緩和させることを目的とした治療法のことを言います。「対症療法」を行うことのメリットとデメリットは下記のようになります。

メリット

既に病気にかかってしまい、何かしらの症状が出ている場合、その症状を一時的に緩和させることができます。例えば頭痛がする場合、痛み止めなどを服用することで、一時的に「頭痛」という症状を緩和させることができます。

デメリット

同じ病気でも、かかってしまった原因は人それぞれ違います。しかし、対症療法では、病気の原因に対してアプローチしません。あくまで、一時的に症状を緩和させる「その場しのぎの治療」にすぎないため、治療後も病気が再発してしまう可能性が高いと言えます。例えば頭痛がする場合、頭痛の根本的な原因(くも膜下出血・脳腫瘍・過度の飲酒など)を探らず、あくまで「痛い」という症状を一時的に緩和させるにすぎない処置を行うため、再び頭痛に悩まされるリスクは解消されません。

「対症療法」についてご理解頂けたでしょうか?
それでは、ここからは視点を歯科医療に戻し、「対症療法に頼り切った日本の歯科医療」が患者様にどのような「悪影響」をもたらすのかをお話しさせて頂きます。

「悪影響」それはズバリ、「歯科治療を受けることで、抜歯のリスクが増大する」というものです。
と申しましてもイメージが湧き辛いかと思いますので、虫歯治療を例にあげて悪影響についてご説明します。

例えば、虫歯で歯がしみるため歯医者に行くとします。こういった場合まず歯医者では、歯がしみる部分(虫歯であいた穴)を確認し、その周辺の虫歯を削り取ります。そして、虫歯や治療(削り取る処置)であいた穴を塞ぐことで「しみる」という症状を無くす処置を行い治療が終了します。
治療を終えた患者様は当然、「治った!」と認識されますので、「もう大丈夫!」と安心されると思います。しかし、先ほど行った治療はあくまで「しみる」という表面的な症状を無くした「対症療法」にすぎないため、虫歯になってしまった根本的な原因は解決していません
そのため数年後、虫歯が再発してしまい、以前行ったはずの虫歯治療を再び行うことになります。
そして実は、歯は削れば削るほどもろくなります。虫歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計がありますので、上記の例の場合、いつの間にか、あと残り1回の治療で「抜歯」というところまで追いつめられてしまっています。

つまり、まとめると、対症療法に頼り切った歯科医療は、歯を「治す」ために歯医者に訪れた患者様の歯を、「崩壊」へと導いているということです。

プロ

歯科医院とは、患者様にとってお口の悩みやトラブルを解決してくれる最後の砦です。
そして患者様は我々医療人に、信頼と期待をもって大切なお体を預けてくださいます。
こうした中で医療人側に、患者様の信頼や期待にお応えしたいという気持ちが本当にあれば、このような「歯を崩壊へと導く治療」を、胸を張ってお届けすることはできないはずです。

当院は、信頼し来院して下さる患者様の気持ちに寄り添い、「まっとうな医療」をお届けすること。それこそが、医療人として本来あるべき姿だと思っています。
そのため、「プロとして」そして「人として」患者様の信頼を裏切るような歯科医療を認めるわけにはいきません。

このような信念から当院では、対症療法で治療を終わらせることなく、患者様の大切な歯を「守る」ことのできる歯科医療をご提供しています。

当院が行っている患者様の歯を「守る」ための歯科医療

当院では、「原因療法」を用いた治療と、治療後の状態を維持させるための「メンテナンス」の2本立てで患者様の歯を「守り抜く」歯科医療を実施しています。

「原因療法」では、虫歯などお口のトラブルが発生してしまった場合、その問題のある個所のみを治療するのではなく、そもそもなぜ虫歯などの病気になってしまったのかといった根本的な原因を探り出し、それを解決します。
具体的には、お口全体のバランス(噛み合わせ、食いしばり、過去の治療など)や患者様の生活習慣(歯磨き方法、食生活、妊娠の有無など)を包括的に把握することで、病気になってしまった根本的な原因を探り出し、それを解決するための適切な治療を実施します。

「原因療法」を用いた治療後のお口は、一般的な歯科治療後と比べ再発のリスクが格段と低下した非常に健康的な状態です。しかし、その状態も「維持」させることができなければ、再発のリスクから患者様を「守り抜く」ことはできません。
そのため当院では、一旦治療が終了したら、その状態を維持させるための「メンテナンス」に定期的に通って頂きます。

メンテナンス

「しっかり歯磨きをしているから大丈夫」と思われる方も多いかと思いますが、実は自力で落とすことのできる汚れは最大でも60%と言われています。加えてデンタルフロスや歯間ブラシを使用することで、最大80%まで落とすことも可能ですが、どうしても残りの20%の汚れは歯科医院で行う「プロ」のメンテナンスでしか、落とすことができないのです。

当院は、再発を防ぐ治療をすることを大前提とし、それだけでなく、一旦治療が終了したら「歯を治す」場所から「状態を維持させる」場所になることで、患者様のお口の健康を守り抜く歯科治療をご提供しています。

ご自身の歯、そして、ご家族の大切な歯を守りたいという想いのある患者様は、ぜひ当院ご相談ください。当院は全身全霊をかけて、その「想い」にお応えします。

個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談

受付時間
09:30 ~ 13:30
15:00 ~ 18:00

★受付時間は09:00~17:30です。 ★休診日:日曜・祝日

〒299-0109 千葉県市原市千種2-6-8

050-5264-4412

このページの先頭に戻る